ウォーターサーバー比較ランキング!

おいしい水で新生活を始めよう

テレビCMなどで、ウォーターサーバーの宣伝を目にする機会が多くなっています。食の安全に関心が高まる中、毎日必ず飲む水についても、気にする人が増えてきているようです。

日本は海外の国々と比べ水道技術も高く、蛇口をひねればいつでも衛生的でおいしい水を飲むことができます。しかし、東日本大震災をきっかけに、より安全でよりおいしい水を求める人が多くなっている傾向にあります。

人間の体の約60%を占める水。赤ちゃんの場合は実に7割以上が水でできています。そんな水について、安全性や味の大切さを改めて考えてみましょう。

○健康のためにおいしい水を

水なんてどれも同じだと思う人もいるかもしれません。しかし、体の多くの割合を占める水だからこそ、健康に与える影響も大きいのです。

日本の水道水は世界的に見ても安全だといわれていますが、最近では残留毒素について考える人が増えています。それは「トリハロメタン」という物質で、浄水場で水を殺菌・消毒する時に発生してしまうのですが、発がん性が危険視されています。

水質基準では「一生飲み続けても健康に影響はない」とされていますが、「トリハロメタン」は浄水器などで取り除くことも難しく、特に小さい子供のいる家庭では気になる物質だといえます。

また、水道水特有のカルキ臭は消毒用の塩素によるものですが、こちらも健康のために気をつけておきたい物質です。水道水に含まれる塩素の量は健康に影響ありませんが、塩素は食品内のビタミンを破壊してしまうことがあります。

水道水で炊飯や料理をすることで、せっかく食材に含まれている自然のビタミンが、摂取しにくくなってしまうこともあるのです。毎日飲む水が健康のために逆効果だとすると、本末転倒になってしまいます。

○食品や飲み物の味・旨みを引き出す水

日本の水道水は、おいしくてきれいな水だといえます。しかし不純物や消毒薬が多少なりとも混ざっているのも確かですので、料理や飲み物の味に影響しないとは言い切れません。

日本人の原点ともいえる白米のごはんも、炊飯に使う水によって風味が変わってしまいます。お茶やコーヒーに関しても、専門店では水にこだわって淹れています。

これは水の味や質によって、それぞれの飲料の香りや味わいを最大限引き出せるかどうかが異なってくるからです。いうなれば、水によって人間の味覚は左右されてしまうということです。

赤ちゃんのミルクや小さい子供の食事に使う水は、素材の味を壊さない、安全でピュアな水が一番です。また、妊婦さんやお年寄りの体には、ミネラルやイオンを補給できる水がおすすめです。

家族やライフスタイルに合わせて、採水地や衛生管理、含まれる天然ミネラルの質などにこだわりたいですね。

○水もデザインする

ウォーターサーバーというと、見た目がいかにも機械的で、デザインも同じ物ばかりというイメージがあるのではないでしょうか。最近ではインテリアにこだわる家庭も多く、サーバーの見た目が部屋の雰囲気に似合わないから使いたくない、という人もいるかもしれません。

しかしウォーターサーバーは機能もデザインも日々、進化しています。カラーバリエーションを豊富に打ち出している会社や、アニメとコラボしたパッケージデザインのサーバーも発売されています。

宅配水用のボトルも軽量化され、スリムでスマートな見た目の物が増えてきています。ウォーターサーバーは見た目がダサい、というイメージはもう過去のものといって良いでしょう。水は日々の飲み物であると同時に、デザインするものにもなっているのです。

ウォーターサーバーを使うことで、成分にも採水地にもこだわった、最高品質の水を生活に取り入れることができます。家庭はもちろんオフィスでも、自然本来の味わいを活かした水を楽しみましょう。

サーバーを置くことで、毎日が体の中から変わっていきます。新しい水で、新しい毎日を。体も心もリフレッシュする、そんな生活を始めてみませんか。

サブコンテンツ

このページの先頭へ