ウォーターサーバーの水と市販の水の違い

ウォーターサーバーを使うと、いつでも好きな時においしいお水が飲める、というイメージがあります。しかし、実際のところ市販のミネラルウォーターなどと、何が違うのでしょうか。

何となく知っているようで知らない、ウォーターサーバーの水について、ご紹介します。

ウォーターサーバーで使われる水

レンタル等のサーバーを置くことで、宅配水を家庭やオフィスなどで日常的に使うことができます。定期的に届くボトル詰めされた水は新鮮で、品質も管理されているので安心です。ウォーターサーバーで使う水は、大きく分けて2種類です。

RO水

1つめは、「RO水」と呼ばれる水です。こちらは採取した水に逆浸透膜という処理を施してあり、純水に近い状態にまでろ過された水のことです。

「RO水」は不純物がほとんど取り除かれているのできれいな水なのですが、ミネラル成分なども除去されてしまい、味や成分が低下してしまいがちです。宅配水会社によっては、「RO水」にミネラル成分や味の調整を後から加えているところもあります。

天然水

2つめは、「天然水」です。こちらは地下水などを採取し、ろ過・沈殿・加熱殺菌といった最低限の処理をした水です。「天然水」の良いところは、ミネラル成分や自然な風味を維持しているところです。

人工的な処理をなるべく少なくしているので、体にも優しく、いわゆる「おいしい水」として人気があります。

市販されている水との違い

一般的に、市販されている水の多くは「ミネラルウォーター」という分類になります。ひとくちに「ミネラルウォーター」というとわかりにくいのですが、実は品質によって4段階に分かれています。

一番高品質なものを「ナチュラルミネラルウォーター」といい、人工的な処理を最低限にとどめ、自然の味と成分にこだわった水となっています。「天然水」とも呼びます。

次のランクにある水を「ナチュラルウォーター」といい、含まれているミネラル分が基準値以下ではあるものの、処理方法や水源の質は「ナチュラルミネラルウォーター」と同等です。

3番目のランクにあたるのが、多くの市販水が分類される「ミネラルウォーター」です。ろ過や沈殿、加熱殺菌に加え、オゾン殺菌や紫外線殺菌といった処理が施されます。また、原水を複数混ぜて使っていたり、ミネラル成分を添加しているものもあります。

4番目のランクは「ボトルドウォーター」となり、こちらは処理方法が限定されていない、最も安価な水です。水道水や「RO水」もこちらに含まれます。

つまり、宅配水と市販水の違いは、品質にあるということになります。
「天然水」を使っている会社では、市販の水より高品質な水を楽しむことができるのです。

ウォーターサーバー比較ランキング!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ