ウォーターサーバーの水と家庭用浄水器について

ウォーターサーバーを設置するにはお金も手間もかかります。いっそ、水道に浄水器を取り付ければ済むのでは、と考える人もいるかもしれません。

しかし、家庭用浄水器でろ過した水と、サーバーで楽しむ水には、大きな違いがあるのです。ここでは、その味や品質について比較してみましょう。

家庭用浄水器のメリット・デメリット

最近では、取り付けも簡単で高機能な家庭用浄水器が増えてきています。最もメジャーなのが、蛇口に直接取り付けるタイプです。中には据え置き型やビルトイン形式の物もありますが、小型の浄水器はドラッグストアやホームセンターなどでも購入できる物がほとんどです。

家庭用浄水器のメリットは、その手軽さです。

蛇口直結のタイプは2000~3000円前後から売られていますし、据え置き型でも数万円の物が多く、比較的購入しやすい価格となっています。水道水特有のカルキ臭や、塩素消毒によって発生する有害物質を除去するのに、家庭用浄水器は手軽で有効な手段となります。

デメリットとしては、機能が限定的であることと、フィルターが必要なことが挙げられます。

家庭用浄水器はあくまでも水道水をろ過するのが目的ですので、除去できる物質に限度があります。また、水の浄化にはフィルターを通す必要があるので、使用できる水の量や勢いが低下してしまいがちです。

フィルターの汚れを定期的にチェックするのが面倒だったり、交換するフィルターそのものが高価な場合もあります。

ウォーターサーバーの水との比較

家庭用浄水器の水は、あくまでも水道水だと覚えておく必要があります。お金はあまりかけられないけど、カルキ臭い水はイヤという人には、家庭用浄水器は強い味方です。

対して、ウォーターサーバーの水は、水源にもこだわった天然水を使用しているところがほとんどです。自然の中で長い年月をかけてろ過された天然水は、口当たりも良くミネラル成分も豊富です。水の採取地や処理方法がわかるので、品質管理も安心です。

家庭用浄水器ではミネラル成分や味の調整は難しく、よほど高機能な機器でない限り、天然水のような水は作ることができません。高機能な浄水器では価格も高くなり、サーバーと宅配水を利用した方が安く済むことがほとんどです。

ウォーターサーバー比較ランキング!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ