ウォーターサーバーの気になる衛生面やメンテナンスを調べてみた

自身の健康のためにも、家族の体のためにも、毎日おいしくて安全な水を飲みたいものですね。そんなときウォーターサーバーはとても便利な物ですが、気になるのは衛生面です。

ウォーターサーバーを利用する場合、水は清潔にボトル詰めされた新鮮なものが定期的に届くので安心です。しかし、サーバーは同じ物を長期的に使うことになります。水垢や不純物の混入など、目に見えない部分の清潔さはどうなのか、気になるところです。

ウォーターサーバーの衛生管理

サーバーの衛生管理はどれくらい充実しているか。これは会社やサービス内容によって、非常に差があるといえます。

例えば、専門のメンテナンス工場を持っているか、公的に認められた衛生管理システムがあるかどうかなど、各社の衛生管理について、サーバーのレンタル契約をする時に確認しておく必要があります。

また、より衛生的なシステムを搭載したタイプのサーバーが新登場している場合があります。さまざまなウォーターサーバーのカタログを取り寄せ、比較してみることをおすすめします。

大手宅配水会社では、独自のシステムによって衛生管理を行っているところもあり、厚生労働省によって認可されているものもあります。どのような衛生管理を行っているかは各社のホームページなどで確認できますので、契約する前にしっかりチェックしておきましょう。

サーバーを衛生的に保つためのメンテナンス

ウォーターサーバーは、定期的にメンテナンスの必要なモデルと、そうでないモデルがあります。例えば、水の入ったボトルを上部に設置するタイプのサーバーでは、水が流れる時にボトル内に空気が入ります。この空気は外気なので、不純物やほこりなどが水中に混じる可能性もあり、衛生的とはいえません。

会社によっては特殊なボトルを開発し、空気が入り込まないように設計してるところがあります。また、サーバー自体に除菌・抗菌システムを搭載しているところもあります。

半年や一年に一度など、定期的に専門家がメンテナンスをしてくれる場合もあります。細かなパーツごとに分解し、徹底的に洗浄してくれるので、このようなサービスのある会社は安心です。

以上のような、業者によって行うメンテナンスの他に、自宅で日常的に行うメンテナンスも忘れてはいけません。

ボトルの設置部分や水の注ぎ口などは水垢もつきやすく、こまめに掃除しておく方がベターです。安全でおいしい水をいつでも楽しむためには、自宅でもしっかりメンテナンスをする必要がありそうです。

ウォーターサーバー比較ランキング!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ