ウォーターサーバーの水の放射能の安全性について

東日本大震災以降、食物への放射能汚染についての関心が高まっています。原発事故により、水の放射能汚染が身近な物となり、多くの人が水道水への不安を感じたのではないでしょうか。

水源が河川や貯水池となっている水道水は、水源が汚染されてしまうと大きな影響を受けます。毎日飲む水だから、放射能の恐れのない安全な水を選びたいものです。

ウォーターサーバーを使った宅配水サービスでは、放射能チェックはどうなっているのでしょう。

放射能チェック済みの、安全な水を提供

宅配水の業者各社では、毎日もしくは定期的に放射能のチェックをしています。例えば「クリクラ」では、原発事故後すぐに放射能検査を実施、その結果を公表しています。放射性セシウム、放射性ヨウ素それぞれの非検出を公開し、安全性に力を入れていることがわかります。

また、「クリティア」では毎日検査を実施し、ホームページ上で結果を公表しています。ほとんどの業者において、いち早く放射能チェックがされているので、ウォーターサーバーで使われる水は安心だといえそうです。

トラブル時にも迅速な対応が可能に

東日本大震災に伴う原発事故が起きた当時、水道水の汚染に対する政府の対応は後手に回ってしまった印象です。しかしウォーターサーバー各社では、万が一のトラブルが起きたときでも安心です。

例えば天然ミネラルウォーターを提供する「ドリームウォーター」では、京都・大分・島根など複数の採水地を確保しています。1つの採水地にトラブルがあっても、他の場所から採水した安全な水を安定供給できるようになっているのです。

また、「アクアクララ」では取水地での放射能チェックに加え、独自のろ過システムで放射性物質の除去も可能としています。二重の対策で、より安全な水を提供している会社だといえます。

もちろん、ここでご紹介した以外の各社でも、厳しい水質チェックや放射能検査を行っています。水道水では心配という人に、ウォーターサーバー水はより安全で安心な水を提供してくれています。

ウォーターサーバー比較ランキング!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ