ウォーターサーバーのメンテナンスの方法

ウォーターサーバーのように一日何度も使い、水と電気を使用する機械は故障や衛生面が気になります。いざというときの対応はどうなっているのか、メンテナンス方法はどのような物があるのか、使用を始める前にしっかり確認しておくと良いでしょう。

メンテナンスに費用がかかるもの、業者が費用を負担してくれるもの、日常的なメンテナンスの要不要など、管理会社によってメンテナンス方法はさまざまです。

サーバーのメンテナンス方法

メンテナンス方法はサーバーの構造によって、やり方や頻度が違います。例えば独自の高性能フィルターを使用している「ウォーターワン」や、高機能サーバーの「サントリー」のように、基本的にメンテナンスは不要という会社も少なくありません。

また、「ダスキン」のように年に1度、「アクアクララ」のように3年に1度など、定期的に業者によるメンテナンスを行っている会社もあります。

いずれの場合も、日常的なセルフメンテナンスは推奨しているので、ただ使用しているだけでなく、気がついた時には簡単なお手入れをしておくとより安心だといえます。

業者によるメンテナンスの内容

セルフメンテナンスと業者によるメンテナンスの違いは、サーバーの内部まで清潔にできるかどうかです。毎日の使用に合わせて行うセルフメンテナンスは、サーバーまわりのケアをすることです。

水の受け皿を洗浄したり、サーバー本体まわりを拭くなどして、サーバーを清潔に保つために行います。水の注ぎ口など水垢や汚れのつきやすい場所も、定期的なお手入れが必要です。

一方、サーバーの内部や細かいパーツごとの汚れは、サーバーを分解しないと掃除できません。水や外気に触れるサーバー内部を、徹底的に掃除したり、故障などがないか確認するのが業者によるメンテナンスです。

「アルピナウォーター」などのように、定期的なメンテナンスに加え、サーバーを無料交換してくれるところもあります。希望時にサーバーを交換してくれるところや、故障時のみ交換に応じるところなど、細かなところで対応に違いが出てきます。

個人のお好みやサーバーの使用頻度に合わせて、メンテナンス内容をチェックしておくと良いでしょう。毎日飲む水だからこそ、サーバーを清潔に保ち、いつまでも快適に使用していきたいですね。

ウォーターサーバー比較ランキング!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ