ウォーターサーバーの電気代は市販の水を購入するよりエコになる

消費税が上がり、電気やガスなどの使用料金も値上がりする中、少しでも節約したいと思う人が多くなっています。食に関しても、できるだけ安全でおいしい物を食べたいと思う反面、安さも重要なポイントです。

ウォーターサーバーを使用すれば、毎日直接飲む水も、安全で安心な物を取り入れることができます。しかし、サーバーは電気を使う機器なので、毎日電気代がかかってしまいます。

おいしい水を飲みたいけれど、コストが気になるという人に、サーバーの電気代についてご紹介します。

ウォーターサーバーの電気代の目安

サーバーをレンタルしている宅配水各社では、省エネモードを搭載した機種や最新のシステムを導入することで、電気代を抑える工夫をしています。

例えば富士の天然水を提供している「フレシャス」では、サイフォン方式をサーバーに導入しています。これにより、ボトル内の水を移動させるのに電気を使う必要がなく、エコなサーバーとなっています。

また、業界で初めてサーバーに光センサーを搭載し、部屋の明るさに合わせて節電することができるようにもなっています。「フレシャス」の節電サーバーでは、電気代は1ヶ月に約700円が目安となっています。ただし、この金額は使用頻度やサーバーのモデルによって変動します。

「アクアクララ」では、サーバーの電気代は月に1000円が目安となっています。しかし次世代型の新型サーバーを発表しており、こちらのタイプでは一ヶ月の電気代が350円~となっています。

どの業者でも、より節電・エコなサーバーを開発することに力を入れているといえます。

サーバーを使うことでエコになる

ウォーターサーバーのために電気を使うのは贅沢なのでは、と思う人もいるかもしれません。けれど考え方を変えてみると、実はエコにつながる面もあるのです。

サーバーを使わない場合、市販のミネラルウォーターを買い置きしておくという選択肢があります。この場合、開封したペットボトルは冷蔵庫で保存する必要がありますが、冷蔵庫を開閉するたびに余分に電気を使うことになります。また、お茶や料理に使う時には、ガスを使用しますので、エネルギーとコストがかかります。

電気ポットを使用している家庭では、一日中ポットの電源をつけっぱなしというケースも多いのではないでしょうか。こちらも、電気代がかかります。

ウォーターサーバーを使えば、温水も冷水もすぐに出すことができ、ガスなどの余分なエネルギーを使う必要がありません。電気ポットのような家電を使用する必要もなく、サーバーの電気代だけで済むのです。

ウォーターサーバーは贅沢品だというイメージがありますが、実は使用することで節電やエコに貢献しているものなのです。

ウォーターサーバー比較ランキング!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ