ウォーターサーバーをレンタルする前に水の種類(軟水と硬水)を知る

水には種類があることを知っているでしょうか。水の中に溶けているカルシウムとマグネシウムの量によって水の「硬度」が決まり、「硬度」の低いものを「軟水」、高いものを「硬水」と呼ぶのです。

「硬度」が変わると水の飲み心地や、含まれる成分も変わってきます。それぞれに特徴やメリット・デメリットがあるので、ここでご紹介します。

硬水とは

WHOの基準では、水1000ml中に溶けているカルシウム・マグネシウムの量が120mg以上のものを「硬水」と呼びます。簡単にいうと、ミネラル分をより多く含んでいる水が硬水だということになります。

硬水の特徴は、ヨーロッパや北米で古くから多く飲まれていることと、性質としては消化器に影響しやすいことが挙げられます。煮込み料理に使うと肉が煮崩れしにくいというメリットがあり、ミネラルを補給したい時にも向いています。

また、硬水は海外で採水されたミネラルウォーターに多く、日本人には体質的に合わないケースも多くあります。お腹のゆるい人は下痢しやすくなる可能性があり、口当たりが重いので飲みにくさを感じる人もいます。

ダイエットウォーターなどとして硬水が売られていることもありますが、体質や口に合うかどうかを調べてから飲むようにしましょう。

軟水とは

「軟水」は、「硬水」よりカルシウムやマグネシウムの量が少ない水のことです。日本の水道水のほとんどは軟水で、日本人にとっては体に合いやすく、飲み慣れている水だといえます。軟水の特徴は、まろやかで軽い飲み心地と、料理や飲み物に使用するのに適していることです。

例えばお米を炊く時には、硬水より軟水の方が向いていて、しっとりふっくらと炊き上がります。またカツオやコンブの出汁をとるときに軟水を使うと、旨み成分を引き出してより上質な出汁となります。

お茶やコーヒーなども、硬水より軟水で淹れる方が豊かな香りを引き出すことができるといわれています。軟水と硬水では、硬度に差があるほど飲み心地や風味が異なります。そのまま飲むのか料理に使うのかなど、シチュエーションに合わせて使い分けすると、特徴を活かすことができます。

ただし、赤ちゃんのミルクには硬水は向きませんし、いきなり水の硬度が変わると体が受け付けないということもあります。硬度の違う水を試したい時は、少量ずつゆっくり体を慣らしていくことをおすすめします。

ウォーターサーバー比較ランキング!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ